指名客を増やすには


デリヘルで稼ぐ上でそのほかに大切なことは指名バックでしょう。お客さんは女性を指名する際に1000円から4000円の指名料を支払っていますが、こちらにもバック率が設定されており、バックがあるのです。指名バック率は50%から100%に設定されており、通常のプレイをするだけで給料がアップします。そのため、指名はデリヘルで稼ぐ上で欠かせないものでしょう。それでは、どうしたら指名してもらえるのでしょうか。

お客さんは些細なことでリピーターになってくれるもの。他の商売にも通ずる所ですが、大切なのはお客さんへの心遣いを欠かさないことです。お客さんの脱衣を丁寧にアシストしてあげたり、そうして受け取った服をちゃんとハンガーにかけてあげたりする。入室したらお客さんの靴をそっと並べるなど、お客さんの目線を意識した小さな気遣いによって印象は大きく変わることでしょう。

また、再び指名をしてもらうために自分の名前を覚えてもらう必要がありますが、デリヘルでは女性ひとりひとりに名刺が与えられています。これを渡すことで名前を覚えてもらいますが、そこでは名刺にひと言メッセージを添えるようにしましょう。「今日は楽しかったです」などのメッセージがあるだけでお客さんは喜んでくれるのです。しかし、奥さんに内緒にしているお客さんも多いので、名刺を渡して良いか確認してから渡すようにしましょう。

オプションバックも重要


デリヘルは歩合制となっていることから1人を接客するごとにバックがあります。しかし、給料はこれだけではありません。ほかにも稼ぐポイントはいくつもあるのです。特に欠かせないのはオプションバックでしょう。

デリヘルにはオプションと呼ばれる追加プレイがあり、お客さんによってはオプション料金を支払って追加しているのです。オプションバック率は50%から100%に設定されているので、オプションを追加してもらうことでしっかりと稼げます。また、ほとんどのお店では電マやローターなどは定番のオプションとなっており、1000円から2000円がほとんどです。そして、ゴックンやイラマチオなどのハードプレイは5000円前後に設定されており、AFなどの特殊プレイは1万円に届くこともあります

大阪の風俗店でも紳士的なお客様が多いと評判の当店、オプション1本につき1,000円〜10,000円をお支払いするのでより高額なお給料を稼げます。当然無理なオプションはNGでも問題ございません。

また、どのようなデリヘルでもオプションが用意されていますが、すべてのオプションに対応する必要はありません。特にAF可の女性は少数でしょう。ですから、オプションの中でNGを設定することも出来るのです。しかし、あまりにオプションをNGにしてしまうと稼ぐチャンスを失うため、しっかりと稼ぎたいのであれば、少しでも多くオプションに対応出来るようにしておく必要があるでしょう。一度のプレイで複数のオプションを追加するお客さんもいるのです。

バック率で風俗求人を選ぶ


デリヘルとは未経験でも高収入を得ることが出来ますので、急ぎでお金が必要な女性でしたらチャレンジしたくなるもの。しかし、風俗求人サイトや風俗求人雑誌には数多くのデリヘル求人が出されているため、どのようなポイントに気をつけて良いのか分かりません。特に風俗未経験の女性は分からないことだらけでしょう。さらに気になるのは給料の部分でしょう。それでは、デリヘルではどのようなシステムで給料が決まるのでしょうか。

デリヘルとはバック率と呼ばれる割合によって給料が決まっており、そのバック率は50%から70%に設定されています。そのため、1万5000円のプレイ料金でバック率が50%でしたらバックは7500円です。そして、バック率が70%でしたら1万500円がバックされます。このバック率はデリヘルによって異なりますので、必ず確認をしておきましょう。バック率は特に受け取る給料と直接関係しているからです。

また、デリヘルでは入ってくるお金だけではありません。雑費として出ていくお金もあるのです。この雑費にはローション代、マウスウォッシュ代、うがい薬代などが含まれており、支払い方法はデリヘルによって異なります。1人を接客するごとに一定の金額が引かれる、1日の給料から決められた%だけ引かれる、1日につき決められた金額が引かれる、などがありますので、こちらも必ず確認をしておきましょう。

お金を求めてデリヘルでアルバイトをする女性は少なくないですが、稼ぐためにはいくつかのポイントがあります。そういったポイントを集めましたので、知識を身に着けましょう。